FC2ブログ

「2015年10月」の記事

アナル道入門(2)中年処女喪失

2015/10/22                    

No image

59歳のメガネ紳士が、年配のタチ紳士にアナル道を手ほどきされ、ケツマンコ処女を破られてしまう。最初は年配紳士の巨根をワンワンスタイルで受け入れようとするが失敗し、次は横マンコに挑戦!するとなぜかズルリと根元まで挿入合体し、守り通してきたケツマンコ処女を失ってしまうのだった。 動画を見る-GAYJAPAN 動画を見る-GAYJAPAN...

アナル道入門(1)3人プレイ

2015/10/21                    

No image

52歳細身紳士がアナル処女に勃起マラを受け入れ、ついに処女を喪失する。男同士の受け身体験にあこがれる未体験紳士。いつかは自分も処女アナルに本物の肉棒を受け入れたいと願っていたが、まさかいきなり3人プレイになるとは! 尺八もまだ上手にできないのに、無理やり勃起マラを挿入され、ピストンされてしまう紳士だった。 動画を見る-GAYJAPAN 動画を見る-GAYJAPAN...

ウケかもしれない(2)ウケ編

2015/10/20                    

No image

46歳162cm80kgのデブ専氏は今までずっとタチでやってきたのに、巡査部長のぶっとい巨根をしゃぶっているうちに、どうやら受けたくなってしまった様子。巡査部長の指でアナルをたっぷりと広げられてしまい、なんと巡査部長の巨根を根元まで受け入れてしまう。しかも正常位、横マンコ、椅子に座ってのワンワンスタイルと、さまざまな体位で犯されてしまうのだった。 動画を見る-GAYJAPAN 動画...

ウケかもしれない(1)タチ編

2015/10/19                    

No image

46歳162cm80kgの真面目なデブ専中年氏は、太目中年のやわらかいケツを掘るのが大好き。アナルモロ感の絶倫先生のケツマンを生でガン掘りして、あまりに感じてしまい、なんと2連発! タチとして気持ちの良いセックスを堪能するのだった。 動画を見る-GAYJAPAN 動画を見る-GAYJAPAN...

熊五郎の穴冒険(2)巨根アナル受け

2015/10/18                    

No image

48歳180cm105kgの熊五郎は巨体の持ち主。基本的には女が好きなノンケだが、相手が男だろうが女だろうが気にしないため、どうやらケツを犯されたこともあるらしい。激ハメ爺ちゃんの超巨根をケツにぶち込まれて「オマンコ、気持ちいい~」とかわいい声で泣く様子は、なかなかに魅力的! 動画を見る-GAYJAPAN 動画を見る-GAYJAPAN...

熊五郎の穴冒険(1)巨根オナニー

2015/10/17                    

No image

55歳165cm90kg、一見コワモテ風だがとても優しいヒゲ親父。シャワーで身体を洗っているうち、見られていることで興奮してしまったのか、ムクムクと太マラが膨らみだした。いつもと違う快感に酔いながら太マラをしごき続けるヒゲ親父。アナル受けは一度もしたことがないというので、試しに細いディルドを挿入しようとしたがきつく閉じられたアナルになかなか入らない。「痛かったけど、気持ちいい瞬間もあった」とは撮影後のヒゲ親...

わななき肛門

2015/10/16                    

No image

54歳のメガネデブ営業課長は、ふだんは真面目な顔をしているが、実はケツマンが超モロ感のド助平課長!男に犯されたくてたまらない肛門に、巨根を深ぶかと刺し込まれて、腰がわななくほど感じてしまう。正常位、横マンコ、しゃがみマンコ、とさんざんケツマンを犯されて、アナル受けの快感にわなないて狂い泣きするのだ! 動画を見る-GAYJAPAN 動画を見る-GAYJAPAN...

相互生ずっぽり

2015/10/15                    

No image

エロ中年40代同士が、しゃぶりしゃぶられ、ハメてハメられ、互いのケツマンに生マラをズルリと挿入!色白の太目メガネのバイセクシャル課長が、助平色黒メガネ中年と掘って掘られて濡れまくり、タチの悦びとウケの快感に身をゆだねて生肛門性交を味わいつくす! 動画を見る-GAYJAPAN 動画を見る-GAYJAPAN...

「むちむち課長」パート2 むちむち課長初体験

2015/10/14                    

No image

男初体験を迎えて期待と不安で緊張でガチガチになっているむちむち課長。それを宴親父が優しく解きほぐしていく。尺八で快感を与えられると徐々に緊張は解け、快感に押し流されるようにやがて宴親父の太マラをしゃぶり始めた。そうなるともうこだわるものは何もなくなり男同士の快楽を満喫する。そしてアナル結合の時、さすがに本物の太マラはきつくて悲鳴をあげるが、次第にアナルが広がっていくとそれらは甘美な快感となっていく...

「魔羅道楽2」パート2 初太魔羅の味

2015/10/13                    

No image

男同士のセックスは初めてなのに太目親父と抱き合った瞬間に短髪親父の中で何かがはじけたのか、突然自ら進んで太目親父の太マラをしゃぶり出したではないか。突然の豹変にとまどいながらもその口技に翻弄され酔いしれる太目親父。こうなったら遠慮はいらないとばかりに快楽を求め合う二人。すると今度は「入れて」と短髪親父がアナルセックスをおねだりするではないか。それならばと太目親父は短髪親父のアナル責めにとりかかる。...